48.SmileDecoderR6n

 

1.概要

   Smileデコーダの技術を継承したモータデコーダです
   擬似走行音・ヘッドライト・テールライト・室内灯の機能も盛り込んでいます。

2.特徴

   MP3デコーダ
     ・サイズ43mmx13.5mm
     ・擬似走行音を搭載、吊掛やVVVF音も出力することが可能です。
      ・12VD級アンプ搭載 より大音量を実現
    ・擬似走行音は、CV値の設定で吊掛、VVVF音など可能・スケッチを書き換えることでディーゼル音などのサウンドにも対応
    

3.構成

    

4.回路図


   
    PDFはこちら
   

5.アートワーク

アートワーク

      

6.基板の説明

※室内灯は12V接続です。必ず抵抗を加えてください。100mAまで可能です
※KeepAriveコンデンサーは極性を間違えないようにしてください

ヘッドライト用のランドはハンダ付けの際にショートしないようにしてください。
マイコンピンから直接続ですので20mAを限度とし定電流ダイオードを使うなどして過剰に電流が流れないようにしてください。


ボリュームは、最小・最大の位置で止まりません(360°回転します)
*頒布品はボリュームの位置を小さめに設定しています。


ボリュームで音量を上げすぎるとスピーカのコイルを焼損させる可能性があるので
音量は、スピーカが熱くならないこと確認の上実装してください。

7.スケッチ

頒布品については最新のスケッチを書き込んだ状態で動作確認して出荷しておりますので書き込み不要です。
   自己責任で改変は自由ですが、自分で解決できる人、Arduinoが分かる人以外はスマイルライターで書き込まないようお願いします。


   スケッチは、MP3V5のスケッチと共通です。

 スケッチはこちらのページを参照ください

    スケッチ書き込み後の初期設定

   アドレス設定
       初期アドレス03で動作を確認いただいてからアドレスを変更することをお勧めします。
        任意のアドレスを設定してください。アドレスは2,4桁双方での動作を確認しております。

     CVの読み書きは、DesktopStation製のCV Read & Writer DSblueboxをお勧めします。

8.CV設定

CVはMP3V5と共通です。(MP3関連のCV値は未使用ですので設定しても効きません)

カテゴリ CV No CV name 範囲 デフォルト 説明
共通 1 ショートアドレス 0~127 3 127まで
モータ 2 開始電圧 0~255 32
モータ 3 加速率 0~16 4 モータの加速度合いを決めます。指令速度のLPF。
モータ 4 減速率 0~16 4 モータの減速度合いを決めます。指令速度のLPF。
モータ 5 最高速度調整 0~255 200
共通 7 バージョン番号 0~255 0 スケッチのバージョン番号が読み出せます。
共通 8 製造者ID(読み込み)
リセット(1を書き込み)
108 1を書くと初期値に戻せます。
読み出すと、製造者ID(108:nagoden)が読み出せます。
共通 17 ロングアドレス(Low) 0~255 0
共通 18 ロングアドレス(High) 0~255 0
共通 29 設定 2 正転/反転 Direction、LongAddress有効無効
モータ 30 デコーダモード 0-1 0 1でモータ制御なし(EL104 DL109以降) *4
走行音 47 サウンド種別 *1 0-7 2 0::吊掛音1, 1::吊掛音2, 2::吊掛音3, 3::吊掛音4
4:吊掛音5, 5:京急ドレミファ, 
6: E231(墜落インバータ),
7:抵抗制御車 8:東洋VVVF系 9:E231系(旧)
走行音 48 レール継ぎ目音 0-3 1     0:継ぎ目音なし、ブレーキ音なし
    1:継ぎ目音あり、ブレーキ音なし
    2:継ぎ目音なし、ブレーキ音あり
    3:継ぎ目音あり、ブレーキ音あり
自動ブレーキ音は 0009.mp3再生
レール継ぎ目音は 0101.mp3~0110.mp3再生

EL103以降は設定値に+4することで吊りかけ音リバーブモード
走行音 49 ノッチオフモード 0-2 2 0:ノッチオフ常時なし,1:自動ノッチオフ,
2:手動ノッチオフ *2 (F3でON/OFF ELスケッチのみ)
走行音 50 走行音ボリューム 0-8 3 ボリューム 0-8  
走行音 51 レール継ぎ目音速度 0-100 50
走行音  52 エンジン音変化タイミング 1-40 8 DLスケッチ専用(DL104以降)
1(エンジン音変化遅い) 40(エンジン音変化速い)
モータ 54 BEMF速度係数 0~127 72
モータ 55 PI制御 比例項P 0~255 32 PI調節器の応答性調整用。
モータ 56 PI制御 積分項I 0~255 96 PI調節器の平滑調整用。
モータ 57 BEMFオプション 0 OFF
1~カットオフ速度
0 0のときBEMF無効。カットオフ速度を指定。
共通   110 F0(消灯モード)  0-1 0 F0のヘッドライト・テールライトの消灯モード 1でモードON
(EL104 DL109以降) *3
*1:CV47についてはスケッチごとに設定が異なります。 
  MP3V5_DL101のスケッチのCV47では、10 (ノーマル) 11 (音量大 ) これ以外 (無音-デフォルトは2)です。
  MP3V5_DL104以降のスケッチはデフォルトを10にしてあります。 無音にする場合は2を設定してください。
*2:ELスケッチで初期動作時に吊り掛け音がしない場合は、F3を押してください。
 

*3:F0(消灯モード) 
   連結した場合の連結面のヘッドライト・テールライトを消灯させる機能です。

   この機能は、CV110を1に設定することで有効になり、ON/OFFはファンクションF4またはF5ONにすることで消灯します。

   CV110を1にするとF4F5(EL104以降)F5F6(DL109以降)のMP3再生機能は使用できません。

      

    ①あらかじめCV1101に設定しておきます。(デフォルト0

        アドレス31 CV110:1            アドレス61 CV110:1
   

   F0ON状態でヘッド・テールライトを点灯させ、アドレス31b側(F4)ON 
     アドレス
61F(F5)ONにして連結面の点灯をOFFにします。


      アドレス31 CV110:1            アドレス61 CV110:1
    

   ③連結面の点灯をOFFにした状態で車輌を連結(MU)します。
      

       アドレス31 MU連結 連結面のヘッド・テール消灯
    

     MU連結した場合の制約事項(MUKATOD101,Digitorax系の機能です)

    ・ファンクションはコントロール側の(MUして表示されている)アドレスになるため、連結したアドレスのファンクションは制御できません。

    ・方向転換した場合のヘッドライト・テールライトの切替は可能ですがF0の点灯・消灯はコントロール側のみです。

*4 デコーダモード
   1を設定することで、走行時のモータ出力を停止します。
   モータを使わずMP3・走行音・ファンクションのみ使用する場合にCV値の読み書きを可能にするため
   抵抗をモータ端子に固定設置可能にするモードです。(この場合は100Ω1/2Wほどの抵抗を設置してください)


・F3で走行音のON/OFFができます
・CVの書き込み・読み取りはダイレクトモードで可能です。
 Pageモードでも書き込みは可能ですが、ダイレクトモードを推奨します。
・モータの端子に負荷を接続しないと読込みがうまくいかない場合があります。
9.KeepAriveコンデンサー

    走りながらサウンドを出力するのは実は大変で、常にレールと車輪を良好な状態に保っておく必要
    があります。それでもちょっとした振動や動きで線路からごく瞬間ですが、離線することがあります。 

 マイコンなどを搭載した電子機器においては、ごくわずかな瞬間的でも電気が切れると正しく機能
   しなくなります。このため、機器の回路内のコンデンサーやバッテリーでバックアップすることで機能を
   正常に保っています。。

 このユニットはサウンドも、瞬間に電源の供給が途絶えると電源OFF状態になります。
    これを軽減するために、基板の外付けでKeepAriveコンデンサーという少し容量の大きいで電解
    コンデンサーを付加することで電源をバックアップし、瞬間離線による電源断を防ぎます。

        

 基板のKeepAriveコンデンサー用端子とある2つの穴に接続してください。
   基板上に+と表記がある側がコンデンサーの+側になります。

10.注意とお願い

  1.モータを併用して使用される場合は、モータの消費電流によってブリッジドライバや整流ブリッジが熱くなることがあります。
  2.CVの読み取り書き込みはブリッジドライバの消費電流で動作確認をします。
     モータ端子に負荷がない場合はCVの読取・書き込みができない場合があります。
     この場合はモータ端子に抵抗やLEDなど接続することで読み書きが可能になります。

  3.半固定ボリュームの調整で音量を上げることができますが、スピーカの性能以上に音量を上げると
     スピーカの破損につながります(焼損するおそれがあります)。 実装の際はスピーカの発熱がないことを確認の上、ご使用ください。
     また、スピーカの負荷具合によっては、アンプが発熱する場合があります。この場合も音量を下げるなどの対応をお願いします。
     スピーカのインピーダンスは、一般的には8Ωですが、16Ωや32Ωのスピーカはより音量をだすことができます。逆に4Ωは使用しないでください。
     頒布品に付属のスピーカは、インピーダンスが8Ωです。
   4.スピーカー端子はショートさせないでください。(D級アンプPAM8006が破損します)

11.参考ページ

 SmileDecoder関連
  DesktopStation      http://desktopstation.net/index_jp.html
   WebNucky         http://web.nucky.jp/
   Fujigaya2 ブログ     http://fujigaya2.blog.so-net.ne.jp/
  DCC(デジタル・コマンド・コントロール)館 http://1st.geocities.jp/dcc_digital/
 
 Endless trail ブログ   http://end-trail.jugem.jp/          

 

 走行音関連
  吊掛・VVVF音の解説   吊りかけ/VVVF音部分の解説 ゲヌマ・フジガヤ様

12.頒布について

 頒布について


   頒布のページにある申し込みフォームをご利用ください。  
    名古屋電鉄のトップページのメニュー下にあるアドレスまでご連絡ください。
    折り返し在庫の状況等詳細をお返事します。(状況により返信が遅れる場合がありますことご理解ください)
 
   
   お願い
      頒布品については、営業を目的とした販売とは位置づけが異なり、お互いの協力や
      紳士協定で行うことを前提としております。基板・スケッチの変更・改造を自由に行っていた
      だいてかまいませんが、保障はありませんことご了承ください。

      ご質問等はお手数ですが、Desktopstationのフォーラムに投稿ください。
      (Desktopstation様のご厚意によりDesktopstationフォーラムを使わせていただいております)

      掲載内容に基づき作成または改造を行った結果、万一損害が生じても、リンク先の
      サイトならびに名古屋電鉄では責任を負いませんので、ご自身の責任の範囲でお願
      いします。


     名古屋電鉄  ホームページ http://www007.upp.so-net.ne.jp/nagoden/
                  ブログ  http://nagoden-diary.blog.so-net.ne.jp/


Copyright (c) 名古屋電鉄 http://www007.upp.so-net.ne.jp/nagoden/