MP3サウンドデコーダ SmileDecoderスケッチ

1.概要

   名古屋電鉄で頒布しているMP3デコーダ SmileDecoderのスケッチを掲載します。
 
  対象の頒布品は以下の通り
    ・MP3サウンドデコーダV4
    ・MP3サウンドデコーダV4.5
    ・MP3サウンドデコーダV5(LOD版 スイッチングレギュレータ版)
    ・SmileDecoder R6n

2.バージョン表記について

ベースとなるスケッチはオリジナルバージョンとし、ユーザ様でサウンドなどの改良を行ったスケッチをユーザバージョンで割り振り、掲載します
派生バージョンは、引用したオリジナルバージョンです。
CV7のバージョンは派生元バージョンになります。


3.スケッチ

頒布品については最新のスケッチを書き込んだ状態で動作確認して出荷しておりますので書き込み不要です。
   自己責任で改変は自由ですが、自分で解決できる人、Arduinoが分かる人以外はスマイルライターで書き込まないようお願いします。

MP3V5シリーズ V4.5 V5(LOD版) V5(スイッチングレギュレータ版) 
SmileDecoderR6n 

オリジナルバージョンスケッチ
DL  Ver 備考  Update
MP3V5_DL101 01 走行音ディーゼル 2017/04/23
MP3V5_DL104 04 ファンクションレスポンス改善 
CV52(エンジン音変化タイミング)追加
2017/05/14 
MP3V5_DL105  05 必要なライブラリをスケッチに統合
停止中のみアイドル音を固定する動きの不具合を修正
2017/06/25 
MP3V5_DL108 08 パフォーマンス改善のためTimer1を使用しないように変更
・一部モーター部分の挙動修正(BEMF部分修正)
・自動ブレーキ音が鳴りにくいためMp3のブレーキ音部分のWait修正
・パルス周期を32KHzに変更(16KHz音の改善)
・VVVF側ボリュームの修正(CV50 SoundVolume:0-8)
・F3でディーゼル音 on/off 対応
2017/08/11
MP3V5_DL109 09 ・高速エンジン音の直結モードをF4で表現した機能を追加。
・添付MP3フォルダにエンジン起動音(サンプル)追加
・BEMFの微調整を反映
 関連するデフォルト値を変更  CV54:64  CV55:18
・CV110 ライト制御機能追加
  CV110を1でライト制御機能ON
  F5で F側OFF
  F6で B側OFF
  ※CV110を1にするとMP3のF5,F6機能は無効になります。
 2018/01/06
EL   Ver 備考  Update
MP3V5_EL102 02 走行音吊り掛けVVVF 2017/04/23
MP3V5_EL102b 02 必要なライブラリをスケッチに統合 2017/06/25
MP3V5_EL103 03 ・パフォーマンス改善のためTimer1を使用しないように変更
・一部モーター部分の挙動修正(BEMF部分修正)
・自動ブレーキ音が鳴りにくいためMp3のブレーキ音部分のWait修正
・パルス周期を32KHzに変更(16KHz音の改善)
・(裏モード)吊りかけ音用リバーブモード追加
 CV48の3ビット目を1にする。ただし、VVVF音が単音になるので、注意
2017/08/11 
MP3V5_EL104 04 BEMFの微調整を反映
 ・BEMFに関連するデフォルト値を変更 CV54:64 CV55:18
CV110 ライト制御機能追加
・CV110を1でライト制御機能ON
  F4で F側OFF
  F5で B側OFF
  ※CV110を1にするとMP3のF4,F5機能は無効になります。
 2018/01/06
応用編  Ver 備考  Update
MP3V5_DI101 01 応用編に掲載のスイッチ入力(基板のヘッドライトランドを入力端子に使いMP3を再生する)スケッチです。 MP3シリーズのみ 2017/09/16
MP3V5_AC101 01 応用編に掲載のアクセサリデコーダ版です。上記デジタルインプット機能も含んでいます。MP3シリーズのみ 2017/09/17
MP3V5_AC102 02 バージョン01に再生モードを設定できるように機能追加したバージョンです。
MP3シリーズのみ
2017/09/23
MP3V5_SO101  01 走行音の代わりにWAVサウンドを出力するスケッチです。
MP3も使えます。 MP3,R6nで使えます。
 2018/01/08
MP3V5_SO102   02
走行音の代わりにWAVサウンドを出力するスケッチです。
サンプルで電車の警笛を加えたもので、機能はVer01と変わりません。
MP3も使えます。 MP3,R6nで使えます。
 2018/01/08
ユーザ様改良スケッチ
スケッチファイル(右クリックでダウンロード)   Ver 内容  Update
MP3V5_EL20301 01 へのへのもへじ様 ブログ記事 
京急ドレミファインバータ改善バージョン
マイクロエースの京急2100系にあわせ
・VVVFサウンドを変更
・ 減速時のドレミファサウンドのカット
などとCV値の調整をしています。
2017/09/16
MP3V5_EL20302 02 BEMFの微調整を反映 BEMFに関連するデフォルト値を変更
CV54:64 CV55:18
 2017/10/09

掲載のオリジナルスケッチについては、電子工作連合各メンバーのご協力のもと開発したものを掲載しております。

上記のZIPファイルの中にMP3のフォルダがあります。
このファイルをそのままメモリカードにコピーするとサンプル音を出力することができます。
EL/DLの音源ファイルはゲヌマ・フジガヤ2さんより提供いただいております。
DI/ACの音源ファイルはDesktopStation様より提供いただいております。

ユーザ様作成されたスケッチはHPやブログで公開されており内容がわかるものに限ります。

最新のスケッチでは必要なライブラリもスケッチに含めるようにしています。
スケッチに関するご質問等はお手数ですが、Desktopstationのフォーラムに投稿ください。

4.スケッチの書き込み

       プログラムの書き込みは、ArduinoのIDEを使用します。
       また、Desktopstationさんの スマイルライタType-A(AVR版)アダプタもしくはスマイルライタVer2が必要です。

       
            SmileDecoderの基板は、ArduinoIDEとDesktopStationさんのスマイルライターType-A(AVR版)の組み合わせの
            み利用可能です。

          
            PCからUSBケーブルでスマイルライターに接続して、ArduinoIDEをPCで起動します。SmileDecoderをスマイルライタ

            ーのコネクタに挿し、ArduinoIDEからブートローダを書き込みます
            書き込みが終了したら、使用するスケッチを読み込み、メニューの書込装置を使って書き込むを選択してスケッチを書き込みます。

       デコーダに関するスケッチの書き込み・ノウハウはDesktopStationさんのWIKI Smile Decoder (DSdecR3)
       およびSmile decoder (DSdecR3) ノウハウ集を参照ください。

5.お願い


      スケッチに関しては、基本オープンソースですので、ご自身の責任の範囲で、基板・スケッチの更新・改造を自由に行っていた
      だいてかまいません。また、スケッチ改造による機器故障の保障はありませんことご了承ください。
      このソースを利用した再販・機器への組込販売等の商用利用はお断りします。

      ご質問等はお手数ですが、Desktopstationのフォーラムに投稿ください。
      内容によっては回答できかねる場合もございますことご了承ください。
      (Desktopstation様のご厚意によりDesktopstationフォーラムを使わせていただいております)

      掲載内容に基づき作成または改造を行った結果、万一損害が生じても、掲載のユーザ様、リンク先のサイトならびに名古屋電鉄では
      責任を負いませんので、ご自身の責任の範囲でお願いします。


     名古屋電鉄  ホームページ http://www007.upp.so-net.ne.jp/nagoden/
                  ブログ  http://nagoden-diary.blog.so-net.ne.jp/


Copyright (c) 名古屋電鉄 http://www007.upp.so-net.ne.jp/nagoden/